がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ−第1弾!「治った!ありがとう」宮脇さんの取材編




石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

トップ「治った!ありがとう」宮脇さんの取材編がんを克服した人達から聞いた心に響いた言葉

がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
                       

がんを克服した方、自分の望む姿を手に入れた方などから聞いて、私の経験の中から心に響いた言葉・話などを紹介しています。一番良いのは、人それぞれ心に残る言葉は違いますので、今ならがんを克服した人達の取材CDを抽選で無料でプレゼントしていますので、是非とも聞いていただけたらと思います。

ガンを克服した人達の取材CDプレゼントをご希望の方はこちら

第1弾!「治った!ありがとう」  宮脇 敬冶氏編

「人間には免疫力とか自然治癒力っていうのがあるんですよ。私はこの力を高めてやったんです」と語る宮脇社長。このカセットテープで宮脇社長の思考法によって、免疫力と自然治癒力を高める方法を余すところ無く教えてくれています。ステージ4の舌癌(ぜつがん)をも克服した、その驚くべき秘訣とは・・・?続きは「治った!ありがとう」ページ

宮脇氏から聞いたがんを克服する為の思考法・考え方などの心に響くメッセージはこちら

23分でかなう願望
宮脇 敬冶著者

「治った!ありがとう」宮脇さん取材編

心に響く言葉1

意識が体を支配しているということなんですね。で、その意識、いわゆる思いですね、心の思い。実は心の思いが先なのか、言葉が先なんだろうかという議論がよくあるんですが、どっちが先やとお思いですか?

 これは学術的にも言葉が先だということを証明されてるわけです。だから常に良い言葉を使う。良い口癖をするということが人生にとって非常に大切やということですね。だから、どんな難病であっても治ったということはですね、それも治りたいではいけないんですね。治ったんだ、常に病気はないもんだという意識、これが大事なんですね。

心に響く言葉2

私はそのプラス思考を超えた楽天思考、これが絶対必要やと思います。というのは、楽天思考というのは、今申し上げましたあの人に比べてだとか、社会的にだとかそういうことではなくて、対象はですね、全部相対的な自分自身なんですね。

自分自身に比べて今後はこういう風にしていこう。大自然に対して、自然についてこうなんだという考え方ですね。だから、しんどくないわけですね。自分が非常に楽しく愉快な状態になる。だからプラス思考に比べて非常に力みがないわけですね。

心に響く言葉3
「治った、ありがとう」。治りたいではないんです、治りたい治りたいではまだ病気を意識してるわけです。もうすでに病気はないもんだという意識です。これ大事です。もう治ったんだと。
心に響く言葉4
ドクターの前では一切言わなかったけど、ドクターの前以外では全部言い続けた。「治った、ありがとう」「治った、ありがとう」。実はこの感謝が大事なんですね。ありがとうの感謝。だから自分のこのあるがままの状態を受け入れてですね、どれだけ感謝できるかということ。これはまあ幸せのバロメーターなんですが、感謝できることが多いほどその人が幸せでありますし、むろん病気にならんことにもつながるわけですね。
心に響く言葉5

怒りだとか、腹が立つ、あるいは悲しいことだとか、恨みだとか、そういう風な思いというのは、自然治癒力を低下さすわけですね。人間というものは全部免疫力があって、自然治癒力があるわけですね。それで全部、自分の体というのを治していくわけです。だから当然ドクターとか薬が実は治してくれるんではない。まあ助けてはくれるわけですね、医療法。それはもう私は現代医学は素晴らしい進化してますから、それを否定する気持ちはありませんが、しかし実際に治すのは自分の免疫力、自然治癒力で治っていくわけですね。

そやからその自然治癒力をどんどんどんどん高めなきゃいけない。で、高めるためには今言いましたように明るい心、楽しい気持ち、こういうものが免疫力だんだんだんだん高めます。ところが先ほど申し上げましたように悲しい気持ち、腹立つ気持ち、こういうものはやっぱり怒ると怒りの波動が出ますから、ザーッと出る。相手からも出てくるということになりますから。常に人間だからむろん腹立つこともあるでしょう。顔見ただけでも腹立つと。私も経験はしておりますけども。しかし、いくら腹立つことがあっても、実はあの人はそういうかわいそうな人なんだなと。だからなんとか癒してやりたいと。なんとかあの人はそういう状態だけど幸せになるようにねというね、癒す気持ちですね。そういうこと必要だ。ということは、癒す気持ちというのは常に自分の心が癒されてるんです。自分の心が癒されて相手も癒すという、こういうメカニズムがありますから、そのメカニズムを知るとですね、許す心が出てくると思いますね。

そやから許す心というのは非常に大切なんですね。許すことによってかわいそうだな、しかしまあ安らかに祈ってやる気持ち。これ、常に自分が癒されてる。ということは、そこで自分の自然治癒力が高まっていくと、こういうことに繋がるわけですね。ストレスというのはですね、今から約60年前にセリエいう博士が証明したことなんです。その証明したセリエ博士が、ストレスの最大の解消法は感謝だと言ってます。

セリエ博士の書籍「現代社会とストレス」について詳しくはこちら

心に響く言葉6
難病を治す方法はあるわけで、もうひとつここでご紹介したいのは、軟酥の法というのがございます。軟酥の法というのは、白隠禅師が約500年前の禅のえらいお坊さんなんですが、その白隠禅師が広めた方法で、これは自律神経の解消法の元祖なんですね。

だから、その方法としましてですね、頭の上に素晴らしくよく効く薬、軟酥という薬を頭の上に乗せたという風に想像するわけですね。そしてその軟酥の素晴らしくよく薬が体温でずーっと溶けてですね、頭から頭蓋骨にずーっと流れ、顔中流れ、そして首に来てですね、全部のその中にも入り肩に降りてくる。腕も手の先からざーっと流れ出す。そして肩からどんどんどんどん内臓まで染み込んでずーっと下へ降りてくる、そして腰に来る。

腰からどんどんどんどん足へいって、足の先へ行って、ずーっと流れていく。それによって自分の悪いものがどんどんどんどん流されてですね、悪い細胞は全部新しい細胞に生まれ変わっていくと。こういう風にイメージするわけですね。で、これを呼吸法と一緒にやるわけですね。呼吸法というのはいわゆる腹式呼吸です。

吐き切った息をずーっと鼻でずーっと吸い上げて、そして吸い上げた息をゆっくりと上からずーっと流していくわけですね。ずーっとお腹に入れた、腹式ですからお腹に入れた空気をゆっくりと吐き出していく。これが1つの呼吸法なんですが、これと一緒にやるわけですね。だから頭の上に乗せた薬が、ざーっと流していくと同時に、自分の吸った息をゆっくりと同時にざーっと吐き切っていくというこれですね。

心に響く言葉7
癌患者というのはそういう抗がん剤だとか色んな放射線治療やとかいうことされますんで、どんどんどんどん痩せるんですね。これはもう大きな副作用があるわけですから、しかしそういう状態を見せて周りの人たちを心配さすということはよくないんですね。私はたまたま癌宣告をされて阪大病院からうちの家内に電話しました。こういう風に言われたと。しかしうちの家内もですね、常にそういう意識を知ってますから、わーっと大きく笑って「大丈夫、大丈夫。そんなもんは治るよ」って言って笑ってくれたわけですね。この感覚が大事なんですね。だから常に本人もむろんですが、周りの人たちもそういうことで見守っていただきたいなと。こういう風に思います。
心に響く言葉8

常に繰り返しの継続、先ほどからもありがとう、ありがとうを言い続けなさいということも言いましたけども、ありがとうの法則では自分の年齢×1万回言ってみなさいと。40歳の人であれば40万回言いなさい。40万回でもすぐ言えますから。40万回言えた暁にはすごいありがたいことが現実に現れますよと。そういうデータも出ておりますけども。そんなことで、いわゆるいいことを言い続ける。そうするとそれは自分の自己暗示になるわけですね。だから結局その通りになっていくと。こういうことにつながるわけですね。

そしてその思いの一番効果があるのは、寝る前だとか起きる前が非常に効果があります。これは潜在意識に非常に入りやすい。ウトウトウトっとしてることですね。そういうときの潜在意識、というのは起きてる状態っていうのは、表に出てる意識が活発なんで、寝てしまうと完全に潜在意識だけになってしまうんですね。だからちゃんと呼吸もするし、心臓も動いてくれてるし。潜在意識の力でそうしてくれてるわけですね。だからちょうど寝る前、起きる前の意識の状態っていうのはですね。

心に響く言葉9
潜在意識の奥底で大海原のように万人に繋がってるよということは、またフロイトの弟子のユングという心理学者、この人がまず証明してるんですね。万人に繋がっているんだ。だから自分はこうしたいんだ、こうなるんだよという風に燃えに燃えたときにはですね、潜在意識の奥底でつながってるから、助ける人をずっと集まってくれるし、数々のチャンスもちゃんと出てきますし、お金もいるならお金もちゃんと出てくる。これは繋がってるからですね。

だからそういう黄金の目標を持ってください。ただ自分だけがというのではなくて、自分も周りの人たちもみんな喜ぶこと。そういう使命感に燃えたその目標というのは、非常に効果がありますね。だからそういう目標を持ってやる。これが非常に1つの大切なことやと思います。だから、奥底でみんなに繋がってるんだから。だから、普通はギブアンドテイクを考えるんですね。私は坂井さんにこういうことしてあげた。そしたら坂井さんがこういうことをしてもらいたいという気があるわけですけども。そのテイクを思う必要はないです。ギブアンドギブでいいんです。与えて与えてそれでいいよ。だから坂井さんから返ってこなくても、ざーっと万人に繋がってるから、他の人たちからいいことがどんどんどんどん集まってくる。だから与えよさらば与えられんという言葉もありますけども、そういう風にギブアンドギブの精神、これが非常に大切なんですね。

心に響く言葉10
私も水上スキーで転んでですね、前の歯もこれ全部折ってしまいました。唇もべろっとめくれてですね。目の上もこれ大きく怪我して縫っておりますけども、そういう事故もありましたけども。しかしそれで止めたんではチャンピオンになれないわけですね。

それじゃあ怪我をしない方法を考えたらいいわけですね。だから転ぶ練習ばっかりしたわけですね。柔道の受身と一緒で自分から転んでいくと怪我しない。だからそういう練習積み上げて、そしてまた挑戦していったということですね。だから常にそういう失敗者じゃない、苦労の体験者だという考え方ですね。だから必ずその奥には成功があるんだよと。しかし、何が起こっても自分の目の前に自分に起こってくる全てのことは必ず自分で解決できると。こういうプログラムになってるんですね。

 

無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

トップページ 取材CD・きらら通信をプレゼントする理由 会社概要 ご利用案内 お問い合わせ 最新情報  プライバシーポリシー 
Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved