ニカラグア政府から医師免許を授与され20年以上にわたってラテン23カ国を中心に「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」を指導




石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

トップページ>「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」

「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」

バイオヘルスという方法、あるいは考え方は、あるとてもユニークな人物によって始められ、深められました。 その人物は、井上真さん(通称;ドクトル・アトム)です。(以後、「アトムさん」)

アトムさんは、早稲田大学法学部在学中、6度も逮捕された学生運動の闘士です。しかし、妊娠中の妻をお腹の中の子と共になくし、傷心の彼は、 キューバ、中国へ。鍼灸師となった後は、西ベルリンで治療活動に入りました。

この間、ヨーロッパ各地、アラブ・アフリカ諸国、南米アマゾン地 区を訪問し、各地で鍼灸自然医学セミナーを開きはじめます。1985年、ニカラグアを訪れた際、単一医療システムをとるニカラグア政府から医師免許を授与されます。以来、20年以上にわたってラテン23カ国を中心に、民衆の健康指導にたずさわってきました。彼が、起こしてきた 「バイオヘルス」という民衆の健康ブームメントは、元々、現代医療の恩恵を受けられない貧しい人たちの多い地域で受け入れられました。それが、いまでは、民衆の健康自立運動としてラテンアメリカでは一番大きなものとなっています。

アトムさんは経済的には貧しい中南米で、バイオヘルスの元となる考えを煮詰めてきました。ラテンアメリカは、日本と違って、ほんと何もないのだそうです。 あるとこにはあるのでしようが、まず庶民はお金がない。家族の中で誰かが癌になると、たった一回の抗がん剤を打つ為に、親戚中に借金をして打ち にいくのだそうです。

  だけど、その結果、身体が良くなるかというと決して良くはならない。身体も良くならず家庭も経済的に破壊してしまう医療システムの中で、貧困に喘 ぎながらも、必死で健康と幸せを求めて生きている、そんな人たちをア卜ムはたくさん見てきました。そのなかで、お金がない人も、それぞれの健康と幸せを手に入れられるにはどうすればいいのか。難病の患者が押し寄せるニカラグアの自然病院村のチーフ医師として働きながら、それぞれの人が治癒の力を取り戻すことで、医療を離れ、健康に対して「自立すること」が必要だという考えに至ったのです。

その結果、バイオヘルスで提案する内容は、高価なサプリメントも器具も必要としません。食の変更に始まり、自分で出来ることばかりです。自分で出来ることというと、専門家がやってくれることよりも質が落ちるからやっても意味がないと考えてしまう方も多いかと思います。しかし、考えてもみてくださ い。聞違った生活習慣によって、自分の体に自分で病をつくることはできますが、専門家が他人の身体に病を作ることは出来ません。病をつくったのは自分なのです。そういうと語弊があるので、こうも言えますね。自分の免疫が何かの要因によって落ちていて、病になってしまった。だから、ほとんど の病は、自分(という内部環境)を変えることで治すことができます。

治すのは自分です。他の誰でもない。自分で知らず知らずのうちに病を作るモードにいてしまったものを、今度は、病にならない、病を治すモードになれぱ、自然と病は治っていきますし、続けていくことによって、「全く病気をしない状態は、作ることができる」のです。 あなたは今、多分、自分の身体の状態を改善するのにバイオヘルスの方法が対応してアトムさんは言います。「バイオヘルスを実践すれば、治そう治そうとしなくても、自然と治るんです

ドクトル・アトムの魂-自然病院村の夢と挑戦を読んで印象に残った事

1992年の初め、センターの五か月間の臨床の記録である「患者1000人の総合調査」をまとめている。 この記録は、患者の訴えがどんな内容で、どこに問題があり、何が原因で感染症やアレルギー、腫瘍などが起こるのか、治療法まで含めて徹底した間診と診断の結果を書き込んだ1000人の患者のカルテを分析したものだ。ヨシオと二人でコツコツと作業を行ない、 自然病院村の医療のあり方を世に問う最初の仕事だった。

それによると、患者の内訳は年齢別では15歳から34歳までの層と34歳から49歳までの層がそれぞれ三分の一を占め、全体の70%が女性だった。また、地域別では地元レオンがちょうど半数を占め、残りの半数は首都マナグアやチョンタレスなどニカラグア各地から来た人たちだった。 センターを訪れた患者の訴えは、ひとり平均四・五。全体の3分のが頭痛を訴えたのをはじめ便秘、関節炎、胃の痛み、腎臓の痛み、不眠などが主なものだった。

診断では、最も重要な臓器や器官の70か所あまりについてOリングテストでチェックしたが、その結果ひとり平均六・五か所の異常が見つかった。全体の88%の人が、からだの免疫防衛機能の司令塔と言われている胸腺の機能低下を示したほか、腎臓や胃、脾臓、肝臓、小腸などの異常が多かった。 つぎに、見つかった異常についてその原因となる病理を調べた結果、患者のほとんど99%までが何らかの感染症に侵されていることがわかった。

このような調査を重ねて自然病院村で行ってきた治療法は、薬草と尿療法それに食事療法を柱に五つの療法から成る

一つは、ニカラグア土着の薬草療法

二つ目は、尿療法

三つ目は、家庭療法

四つ目が、運動療法

最後が、食事療法

ドクトルアトムの魂

アトムさんが行ってきた治療法をこの教材で何度でも学べるのです。その一部をご紹介します。
すべての生命に共通すること
癒しの本当のメカ二ズム
病気になるメカニズム
癌の末期から生遷する法
統合失調症の話
ワクチンの摂取によって何が起きるか
病気にならないための4つの具体的な方法
万が一病気になっても回復する方法
奇跡の回復と呼ばれる人は何をしたか?
家庭で出来る手当いろいろ
経絡マツサージ
免疫カに喝!胸腺マッサージ
何にでも対応の、回転スワイショー運動
頭が良くなる秘訣
化学物質の摂取によって起きていること
健康の7大条件
健康の5大要素
生命の底カをつける方法
好転反応の意味とその対処法
遠隔チェック法
生年月日とIDからチェックする方法
身近なものを薬章として使う方法
自分の見方に自信をプラスするには?

自分の力で健康を勝ち取って頂く為の貴重な情報です。私は自信を持ってお勧めします!今年に来日されるので講演会開催も予定にしています。お買い上げ頂いた方には優先的にお知らせし、通常の方より少しでもお安く出来るように割引券もプレゼント致します。

がん克服サポーター 坂井 正典

井上アトムさんの
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」ホームスタディ・パック

普段はスペイン語で講座を行っているアトムさんにお願いして日本人向けの講座を行い、その模様を6時間のDVDに収めてあります。さらに、アトムさんお薦めの 「運動実践編」の一巻〜二巻が含まれております バイオヘルスの全容が理解出来る内容となっております。 (収録時間は合計、約8時間。DVD 6枚セット)

価格 9240 円(税込・送料別)
数量

お買い上げ後、がん克服コミュティにもアンケートにお答えしていただけましたら、がんで闘っている方、克服された方などで情報交換も出来ますので、是非とも活用してくださいませ。がん克服コミュティについて詳しくはこちら

「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」ホームスタディ・パック をお買い上げ頂きましたお客様には、「自宅でたった10分で体調管理ができるプハン・バイオ・カッピング! 」をあわせてお買い上げ頂きましたら1000円値引き致します!

5000年前から現代まで使われ続けているプハン。
古代人が毒蛇に咬まれた時に毒を吸い出す必要性から発明され、 その起源はメソポタミアまでさかのぼるとも!その伝統は、効果に裏打ちされたものなのです。

憎しみを超えて、全てを赦すと決めた人
プハンの創案者、韓国の奇剞ャ(キ・ジュンソン)先生

奇剞ャ (キ・ジュンソン Kee Jun-Song) 先生 略歴

1926年、韓国で生まれる。戦時中は、政治犯として投獄。獄中での気づきから、「プハン」を考案する。 韓国での正食運動(マクロビオティック)の第一人者。
韓国での著書多数。現在は、「癌自然退縮100日修練コース」を開催している。「いのちを躍動させ、繋がりを取り戻すためには、まず各々が自然治癒力を活性化させれば良いのだ」「現代の病はすべてと言っていいほど、過食、過労、過保護、環境汚染など、何かを加えたことによつて生じたものである」
「過保護で、満ち足りた環境では霊性が劣り、しいたげられた逆境の中にこそ、博愛の精神が生まれる」
「今、自然療法や食事について提案しようとしている人たちは、もっともっと大きく連帯してゆかなければいけない。小さいこだわりは捨てて。」

 

メリットは7つ
(1)つらいところの血行促進ができます。
(2)筋肉のコリをほぐします
(3)安心の10年保障。
(4)除菌できる掃除道具もついてくる。
(5)大手化粧メーカーだと10万以上の最高美容液も付属。
(6)油が使えるので、吸いながらオイルマッサージできる。
(7)カップを付けると森林浴状態を満喫できる! エステ用マイナスイオン導入器として特許出願中!

40個以上のプハンを1時間続けるとさらに良さを実感!
「発疱療法(はっぽうりょうほう)」

写真の男性は、肥満解消を目的に、40個くらいのプハン・カップ(韓国エステでよく使われるカッピング)を付けています。
この状態からもどんどん付け続け、なんと50〜100個つけるんだそうです。それも1時間付けっぱなしです!

これは韓国で今流行っているプハンのやり方の一つで、「発疱療法(はっぽうりょうほう)」といいます。 このやり方を日本にプハンを広めている望月さんが このやり方を推進しているグループのHong先生に 取材していて、とっても参考になるお話でしたので、ご紹介いたします。

その前に望月さんの事を紹介します。

プハン普及会の代表 望月佐知子さんです。
望月さんは、9年前までプハン(吸い玉、カッピング)の事を知らなかったそうなんです。

しかし、9年前に初めてプハンを体験した時に、 それまで25年間悩ませていた身体の辛さが楽になったそうなんです。それからプハンを普及する仕事をすることにしたそうなんです。

他にもバイオヘルス(高価なサプリメントも器具も必要としない。食の変更に始まり、自分で出来ることで健康を勝ち取る考え)を普及している井上アトムさんの考えに共鳴して、井上アトムさんが来日するたびに講演会などの企画などを行いサポートされているのです。

望月さん: 沢山カップをつけるんですねー。
Hong氏: そうです。プハンを長時間、大量につけることで、さらに健康を勝ち取る事のお手伝いが出来るのです。
望月さん: しかし、日本ではいままで「あまり沢山つけて一度期に身体を変えようとするとだるくなるので、最高でも10分程度にしてください」と説明してきました。だから、このやり方にはかなり衝撃を受けました。
Hong氏: あなたには、刺激がちょっと強いね(笑)。
望月さん: そうです。みなさんがわざと水ぶくれを出しているのを見て、非常に衝撃をうけています。こんなにつけると、後が眠くて大変ではないですか? 
Hong氏: もちろん、眠くなります。しかし、発疱(=水ぶくれ)は、根本療法です。根本的に身体を変えるためには、一時的に眠くなるのは必要なことなんです。
望月さん: 例えば身体にどんなことが起きるんですか?
Hong氏: 身体の悪い部分の部分の近くから発疱します。他の健康な部分からはなかなか発疱しません。
望月さん: 確かにそうですね。日本でも多くの方からの体験で「辛いところ」から水ぶくれが出たとの報告がきていますから。
Hong氏:

発疱は一度出たら、毎日その部分をやって、水がでなくなるまでやっていきます。そうすると、水の他にも、ゼリー状のものだとか、脂肪のようなものなど、色々なものが身体からでてきます。

それが出なくなった頃には身体が根本的に変わっているのに気が付くはずですよ。自分でプハンを一生懸命やり、発疱を経験した多くの人が、健康を勝ち取ったりします。最近では腹水がたまって方なども使って喜んでいます。発疱をすると、短い時間、発疱なしにやっていく場合に比べて、結果が早く出ます。

望月さん: 発疱は恐ろしいけれど(笑)聞けば聞く程、興味が湧いて来ますね。しかし、水ぶくれの痕はながく残るんでしょう?
Hong氏: なに、3ヶ月から半年で消えてしまいますよ。不思議なことに、発疱の後はまったく膿んだりしないのです。だから消毒しなくてもいいのです。
望月さん: 発疱には驚かされることばかりですね。

【韓流プハン発疱療法のやり方】

身体の辛いところにカップを付けやすい姿勢をとります。座っても、横になってもオッケー。 カップをローションを使いながら隙間無く身体に付けます(持っているプハンを全部付けて)。

そして、様子を見ながら30分から1時間放置します。
人によって、水ぶくれの出る時間が違いますので、こまめにカップの中を見ながら行ないます。

小さめ(8ミリ程度まで)の水ぶくれが出来たら、カップを取り外します。
水ぶくれは、すぐに爪楊枝で穴をあけ、潰してしまいます。
なんで爪楊枝なのかを聞いてみたら、針だと、穴が小さくて、水がまた溜まってしまうから、爪楊枝がいいのだそうです。

すぐに100個つけるのは、体力的に無理だと思います(好転反応の眠気がひどくなってしまうから。)。だから、一番辛いところ周辺だけ、ちょっとやってみるのもいいかもしれません。 プハン、まだまだ奥が深いですね。

見事な発疱がでた。時間にして40分
褄楊枝で潰した痕。綺麗です。
不思議なことにこの後は膿んだりは絶対にしないのだそうです

 

 

色によっても健康状態がわかるのです。

カッピング直後と10分後 アドバイス
ほとんど色がつかないが、どちらかと言うと青白い。跡形も無い。かえって他の部分よりも白く見えることがある。 このように色の付きにくい方の中には、貧血、低血圧の方が多い。身体のバ ランスがあまりよくなく、元気が感じられない方も。プハンを毎日やっていく と、だんだん色が出るようになる。
青の色の濃い紫色(黒紫) カップを取った時と同じ状態 肩で五十肩の場合や、膝痛などがある場所に出やすい色。また、バランスを崩した部分のある皮膚表面にも出やすい色である。やっていくに従って、赤→ピンクになっていく。精進すべし。
高級な珊瑚の「血赤」と呼ばれる色(濃い赤) カップを取った時と同じ状態 初めてプハンを体験した人に出やすい色。しかし、バランスを崩した部分のある皮膚表面にも出やすい色である。 まだまだ1ヶ月程は続けて毎日プハンしてみるべし。
ほとんど色がつかないが、どちらかと言うと、健康的なピンク跡形も無い。血行がよくなり、身体全体がピンク色になるこ ともある。 7歳くらいの健康な子供の背中にやると、こんな感じになる。血行がよく、代謝も良い。プハンで目指すはこのような痕だ。

プハン・バイオ・カッピングTMセット



「 高濃度ガチュリン美容液 」144ml


掃除道具「 癒しのニオイ消し 」

プハン・バイオ・カッピングTMセット
●セット内容
・カップ20個(サイズは4種類)(マイナスイオン導入美容器です)
・吸引ポンプ 延長ホース各1本
・吸い口用シリコン(予備)3個
・その他の付属品
※付属品の内容につきましてはお電話でお問い合わせください。
電話:072−737−7735
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

この商品は海外からの個人輸入商品となります。弊社では輸入代行手続きのみを行ない、商品は海外から直接ご自宅まで送られます。 場合により,別途通関税がかかる場合がありますのが、限定3セットまで当社負担とさせて頂きます。 この商品は厚生労働省の認可を得たものではありませんので、ご使用にあたっては自己責任のもとでお使いください。 なお、この価格には、国際送料・手数料も含まれています。

代金引換はご利用になれません

価格 38850 円(税込・送料無料・同梱不可)
数量

がん克服サポート研究会がお勧めするガン克服に役に経つ教材!

 お勧め第1位 「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
   「患者1000人の総合調査」をし、患者の訴えがどんな内容で、
  どこに問題があり、何が原因で感染症やアレルギー、腫瘍などが
  起こるのか、治療法まで含めて徹底した間診と診断の結果を書き
  込んだ1000人の患者のカルテを分析した井上アトムさんという方が
  いらっしゃいます。

 井上アトムさんが提案する内容は、高価なサプリメントも器具も
  必要としません。食の変更に始まり、自分で出来ることばかりです。
  自分で出来ることというと、専門家がやってくれることよりも質が
  落ちるからやっても意味がないと考えてしまう方も多いかと思いま
  す。

 しかし、考えてもみてくださ い。聞違った生活習慣によって、自分
  の体に自分で病をつくることはできますが、専門家が他人の身体に病
  を作ることは出来ません。病をつくったのは自分なのです。そういう
  と語弊があるので、こうも言えますね。自分の免疫が何かの要因に
  よって落ちていて、病になってしまった。だから、ほとんど の病は、
  自分(という内部環境)を変えることで治すことができます。

 そのような考えの井上アトムさんが癌・病気の方を治療した方法な
  どを話した内容が DVD「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」に収録にされています。

詳しくは井上アトムさん 「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」 について詳しくはこちら

お勧め第2位
 がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法 
 6日間セミナーDVD  全6巻/テキスト付販売
  がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
  6日間セミナーDVD  全6巻/テキスト付販売

 がん患者とその家族が、家族や病院などで手軽に積極的に、そして
  自発的に治療に取り組んでもらえるよう、プログラムの実践方法を
  わかりやすく解説している講演DVDです。

 Dr.サイモントンが治療したグループの患者のうち、1978年1月の時点で 生存している患者を分類すると次のとおりです。
 癌が消滅した者 14名  22.2%
 退縮した者 12名 19.1%
 安定しているもの 17名 27.1%
 新しくがん細胞が発生した者 20名 31.8%

これらの患者はいずれも医学的に不治と考えられていたがん患者だったのです。サイモントン療法6日間セミナーDVDについて詳しくは       

お勧め第3位  痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
   「心と身体の科学研究所」代表市川加代子さんは、義母のガンを
  きっかけにビワ葉やコンニャク、生姜などを使った民間療法を始め
  て25年。
 
  多くのガン患者を助けると同時に生きる勇気と力を引き出してきた。
  人間を深く愛する心とあくなき探究心を持ち続けて
  「市川式手当て法」を確立。京都を中心に「市川式手当て法」を指導
   するほか全国で実習会を行っているのです。

 「市川式手当て法」について詳しくはこちら

お勧め第4位   「あなたにもできるガンマッサージ療法」
 

がんを克服した取材シリーズ第8弾!「私が信じた代替療法」のお話の中で登場する、黒田さんが実践していたリンパマッサージについて収録編集したDVDです。

黒田さんは、病院での治療を自らの意志により、一切拒否し、ご自身が20代初めより、研究されてきたガン克服のための代替療法を本格的に実践されました。実践された代替療法は、14項目にものぼり、何としても肺ガンを治してみせるという強い信念と希望を持って、日々、取り組まれました。

「あなたにもできるガンマッサージ療法」

無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

トップページ 取材CD・きらら通信をプレゼントする理由 会社概要 ご利用案内 お問い合わせ 最新情報  プライバシーポリシー 
Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved