がんの原因を絶つことで、悪性リンパ腫を克服された体験談をご紹介!




石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

トップ >第6弾!「ガンは自分でしか治せない!」 箕輪 聡司 氏                     

第6弾!「ガンは自分でしか治せない!」  箕輪 聡司 氏


写真右:箕輪聡司さん
写真中:井伊幸子さん(取材CD第7弾「不安を乗り越えた生きる力」)
写真左:坂井正典(がん克服.com)

● 箕輪聡司さんの癌(がん)克服体験

箕輪さんは39歳の時、首の回りに異変を感じ、 検査の結果、悪性リンパ腫と診断されました。

最初は放射線で治療され、一旦は改善されたのですが、 その後再発。 その時も抗ガン剤で治療をしましたが、またしても再発。

そこで、「このままではガンという現象に対処するだけで、 一向に原因を絶ちきることはできない」と気づかれたそうです。

その後は、ご自身の体調を徹底的に管理され、食事療法、気功、そして感謝の気持ちを常に持ち行動され、ガンを克服されたそうです。

今回箕輪さんに直接お会いして取材する前に、電話で事前取材をさせていただいた内容も、後編としてお聴きいただくことができます

取材を終えて感じた事

取材にご協力してくださったのは、悪性リンパ腫をみごと克服された、箕輪聡司さんです。

箕輪さんは放射線治療で、一旦はがんを克服されたのですが、首の周り、腹部、そけい部などに再発してしまったのです。

しかし、再発してから、抗がん剤を繰り返し、繰り返し行っても、一向に良くならなかったため、その時、がんに対する考え方を改めたそうです。

それは、『がんというものは「現象」にすぎず、 「現象」をいくら攻撃しても無駄なことであって、 「現象」を作り出す原因を探り、その原因に向かって治療をしないといけないのだ。』というもので、その思いになってから、医者には一切かからなくなったそうです。

その後は、自分の身体は、自分で調べようと思われ、徹底的に自分の身体を見つめる治療が始まったのです。

もう、話を聞いているだけで、がんを克服するために、ここまで考え方が変わるのだと、驚き、感心するとともに、ご自身の健康状態を知るための努力と、その努力からくる絶対的な自信は、本当に聞いていて感動しました。

前回の取材から約1年、箕輪さんに再びお会いする機会がありました


今回は、箕輪さんのところで働いているスタッフの渡辺さんの骨肉腫が治ったという事を伺い、取材をさせていただきました。


坂井:今日はどうぞよろしくお願いします。
まず始めに、骨肉腫がわかった時っていうのは、どういうふうな形でわかったんでしょうか?
渡辺さん:自転車に乗っていましたら、障害物がタイヤに当たったときに、ガタンとなりますよね。その時に肩甲骨のところに凄い痛みが感じました。おかしいなぁって思っていましたら、だんだん首から肩のほうが痛くなりました。
それで整形外科に行きました。肩と腕のレントゲンをとりましたら、頚椎が老化でつぶれているということと、後は、こちらのほうがかなり変形して、あきらかに異常だっていうことがわかりました。
即、大きな総合病院に紹介状をいただいて、次の日に行ってくださいっていうことでした。
次の日に紹介状をいただいて、レントゲンを撮りましたら、はっきりわからないっていうことで、MRIと骨シンチグラフィの検査を行う事になりました。はっきりそのときに、癌とかは、先生の口からは言われないのですが、骨シンチをやるってことは癌なのかなって自分で思ったわけです。そのことがありまして、箕輪社長に報告して、気をいれていただきました。 

坂井:箕輪さんに、気を入れてもらうってどのようにしてですか?
渡辺さん:寝て、足元のほうから気を入れてもらうんですが、難しいことはわからないんですが、気の入り方とかで、患部の状態がわかるってことです。かなり悪い状態。 

坂井:箕輪さんが言われたんですか。
渡辺さん:うん、わたしも社長の様子を見てそう思いましたし。痛いとか思ったのは3日目ぐらいからだったと思います。
痛みはもう耐えられなくて、よく死にたいぐらいって言いますけど、当てはまると言うか。

坂井:どんな感じなんですか。
渡辺さん:そうですね。ズキズキとシクシクと1日中です。本当に、切って取り外したいような感じです。
1日24時間手当てをしました。後は、日中は、温灸器がございまして、それで、患部を当てました。お玉みたいな丸い形の物がありまして。患部に当てるのは5センチぐらいの物で、柄がついていて電気がついていました。当てるんですが、普通は、癌の炎症の無いところにやると、心地よい温かさなんですが、それが悪い細胞だったりすると、反応しまして凄く熱いんです。

坂井:それは、1日どれぐらいされるんですか。
渡辺さん:そうですね、起きている間、ずーとそれと、さといも湿布です。起きている間は、殆ど温熱灸でした。

坂井:その手当てってどういうことをされたんですか?枇杷の葉ですか?
渡辺さん:そうですね、ビワの葉は、患部に当て、コンニャクを熱くし、ビワの所に当てるだけですね。その成分が出て、浸透していくわけなんですが、細胞分解をするとか、そういうことで、温熱機は、癌を熱で、死ぬってことで、起きてる間は、よくしまして、寝てる間はさといもと生姜が入っているんですが、それを練って患部に当てるわけですよね。

坂井:さといもと生姜をどれぐらいの割合で混ぜるんでしょうか。
渡辺さん:それは、商品であり、みみたぶぐらいの柔らかさにお水で溶くんです。それをガーゼとかに塗りまして、患部に当てます。

坂井:それはどれぐらいで換えるものなんでしょうか。
渡辺さん:そうですね。それは、回転の速いほうが良いと思うので、私はちょっと乾いたなって思ったら取り換える。夜はあまりの痛さで眠れないったこともあるもんですから、良い具合に起きてましたんで、結構まんべんなく、回転早く、取換えました。
 
とっかえひっかえっていう感じですね。家族の者が全部協力してくれまして、何もしなくて、座っている状態で、その間手当てですね。

坂井:家族の協力があり、治す事に集中できたっていう感じですか。
渡辺さん:そうですね。集中できました。主人と息子と娘なんですが、大人ですので、全部自分達のことはやってくれました。息子なんかも、洗濯したり、お茶碗洗ったり、後は、主人も精神的にずーと支えてくれましたし、後はそうですね、腕が無くなるかなと思って、ちょっと耐えがたかったんですが、家族の者が腕は無くても、生きていけるし、大丈夫って言ってくれたことが、嬉しいですね。家族の者が、優しく、自然に、普通に、「大丈夫、お母さん。」って言ってくれたり、本当に生きて欲しいっていう気持ちで、泣いて心配してくれたりするわけですね。
それと、機械に指を入れると、自然に揉んでもらえる機械も使いました。
30分おきぐらいに指を入れて、箕輪社長が提供してくれた物は全部フル回転で休む暇なくやりました。本当に、短期間だったものですから、できたんだと思うんです。家で手当てをしてる時は、悩みとか無く、一生懸命集中してやりました。

坂井:その手当てをしている時って、痛みはどうなっていきましたでしょうか。
渡辺さん:そうですね、和らいでいきましたし、気持ち的なものでやってるってことですね。確かにそれは、今、痛みが現在全然ありません。

坂井:なるほど、なるほど。そしたら、本当に手当てするのは、やってるっていう支えにもなっていたし、痛みもちょっとずつ和らいでいくような感じもするし、その痛みは、何日間ぐらい続いたんでしょうか。
渡辺さん:その痛みは、10日ぐらいは、検査に行く日までは痛かった。
それで、社長に気を入れていただいて、大丈夫だって、その一言で、多少の痛みは、主人に訴えてはいましたが、全然迷いも無くて、いつかは消えると思って、手当てをやっていました。

坂井:検査に行ったときに、先生は癌とも言わずに、どういうふうな感じでたか?
渡辺さん:はっきり癌とは言わないんです。

坂井:そしたら痛みの原因は、わからないって感じですか。
渡辺さん:結局、骨シンチとかMRIをやらないとわからなくて撮ったんですが、その時点で骨には異常がなく、転移もしていないってことで、石灰化しているっていうことで、残りの何%とかは細胞を取り出して検査しなくちゃいけない。それやりますかって言われたんですが、それは断りました。

坂井:なんか凄いことですね。
渡辺さん:信じられないんですけども。

坂井:僕からしたら、腕が無くなるような痛みって、相当痛いんと思うんですよ。
渡辺さん:そう、本当に痛いですよ。

坂井:それで、今までに経験したこと無いような痛みで、凄い不安になりますし、いろんなことを考えてしまうと思いますし、それで、ずっと手当てをしていったっていうのは凄いなって思います。  
渡辺さん:私は、社長とこの店に出会って、もう12年ぐらいになるんですが、その間、いろんな人をみてきましたし、影響が大なんです。私も実際社長に気をいれていただいて、とっても身体が反応しまして、実感としてわかりました。ここに、働いてたっていうお陰かなっと思ってるんです。 

坂井:手当て以外に食事とかどうされていたんでしょうか。
渡辺さん:その10日間は食べられなかったです。後、機能性食品を大量に飲みました。

坂井:何という機能性食品ですか?
渡辺さん:ゲルマニウムっていうのと、それとプロポリスなどですね。

坂井:その3種類をどれぐらい飲まれてたんですか。
渡辺さん:朝昼晩ですね。健康維持のための量より、だいたい3倍ぐらい。

坂井:3倍飲まれてて、ご飯は記憶が無いぐらい少なくですか?
渡辺さん:そうですね。食べてたかもわからないんですが、ちょっと自分で作れないので、子供達が作った物を食べてましたね。

坂井:このゲルマニウムとかプロポリスなどは、箕輪社長の組み合わせですか?箕輪社長のことを信頼してということですね。
渡辺さん:それはそうですね。間違い無いです。安心して信じてっていったらおかしいですけど。

坂井:他に何かされたことってありますか?
渡辺さん:他には無いですね。痛み止めを飲んでも痛くて。

坂井:寝る時はどうでしたか?
渡辺さん:痛くて。痛い痛いって言って、3日ぐらい寝られなかったですね。 

坂井:今回の体験を通してそういうふうになった方とか、不安に思っている方に何かメッセージありますか?
渡辺さん:いろんな自分の治す方法はあると思うんですが、迷う方もいると思うんですね。自分が治したいという気持ちと、まわりの治してあげたいという気持ち、それが一緒になることかなぁって思います。

坂井:10日間痛いってね。やっぱり4日目、5日目とか、不安も増して来ると思うのですがいかがでしたか?
渡辺さん:それは、その時の心の状態や、痛みとかを日記に書いたんです。
確かに不安っていうか、死んでしまうのかなぁ、死にたくない。そういうことが書いてありましたが、絶対治る、治したい。後、やりたいことっていうのも、ありました。日記には、家族に対する感謝がいっぱい書いてありまして。上の息子は、私達に精神的に面倒がかかっていたのですが、今まで見えてないところがたくさん見えてきたんですよ。病院に行く時も、私のカバンを持ってくれたりとか。 

坂井:まわりの家族の態度で生きるんだっていう思いがだんだん強くなってきたっていう感じですね。
渡辺さん:そうですね。後、毎日、お店に行き社長に気をいれていただいて、それで大丈夫、治ってるっていう毎日の言葉かけで安心して帰って、自分のうちで手当てをする感じです。

坂井:痛みがあっても毎日行かれたわけですか?
渡辺さん:そうですね。後、言葉かけですよね。社長もそうしていると思うんですが、気を入れるだけじゃなくて、皆さんにそういうふうな言葉をかけで、上から下へ降りてきて、お客様と話をして帰るんですけど、精神的な物が大きいですね。

坂井:箕輪さんと喋られたのは、何分ぐらいですか?
渡辺さん:そうですね。20分ぐらい気をいれていただいた後、ほんの僅かな時間ですね。

坂井:
その後、そういう話でちょっと凄く救われた気持ちになって帰っていって、またやろうという励みになって、自分の手当てができたり、ご家族の助けが全部あって、10日で治ったんですね。
渡辺さん:そうですね。酷くて絶えられない痛みは10日で、完全に痛みが消えたのは、2ケ月です。今はその痛みは全くないような感じですけど、時々、庭仕事をすると疲れます。でも、本当の最初に味わった痛みは全然ないです。

坂井:ありがとうございました。

※記事中に出てくるゲルマニウムやプロポリス、その他、渡辺さんが実際に使われていものに、興味がある方は、072−737−7311までお電話でご連絡いただくか、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

取材CD第6弾!「ガンは自分でしか治せない!」で、より詳しく箕輪さんの体験談をお聴き下さい。

お買い求めはこちらからどうぞ。
CD2枚組(音声のみ) 前編(61分)・後編 (電話取材、35分)

価格 3240 円(税込・送料別)
数量

 


今回取材にご協力いただいた、箕輪さんが代表を務める、機能性商品、自然商品を販売されておられるお店です。

有限会社 天倉

                       
無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

トップページ 取材CD・きらら通信をプレゼントする理由 会社概要 ご利用案内 お問い合わせ 最新情報  プライバシーポリシー 
Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved