帯津三敬病院名誉院長 帯津良一 先生を取材させていただきました。




石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

トップ 帯津三敬病院名誉院長 帯津良一 先生を取材

理想のホリスティック医学とは何か?

帯津三敬病院名誉院長
帯津良一 先生

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分です。
そのため、人間まるごとの医学をもってしなければならないという思いから、理想のホリスティック医学を目指し、帯津三敬病院が誕生しました。


今回は、帯津三敬病院の名誉院長であります、帯津良一 先生を取材させていただき、理想のホリスティック医学とは何かを伺うことができました。

1時間を越える取材の中から、その一部だけですが、ここに紹介させていただきたいと思います。


坂井 本日は、帯津先生のホリスティック医学の考え方についてお聞きした後、若干質問をさせてください。また、ガンの人たちに対して、治ったとかということ以外にも、もっと知ってほしいことや、この病院での奇跡などをお話しいただければと思います。
患者さんの中には、絶望的になられる方も多いと思います。そして、その一方で、周りでは何とか助けたいと願う人たちがいる。そういう方たちに向けて、全体的に考えた方が良いことなども、お聞きかせください。

帯津先生 ホリスティック医学は、日本のホリスティック医学協会ができたのが 1987 年、アメリカが 1978 年。 9 年の差があるわけですね、アメリカのほうが早いのです。
西洋医学が部分をしっかり見る医学に段々なり、全体を見ることを怠りだしたと。あるいは部分と部分との繋がりを怠りだしたことに対する、反省とか批判からホリスティック医学って考え方がでてきたわけですよ。

そのホリスティックっていうのはとにかく全体を見よう、人間をまるごと見ようという考え方なんです。結局はね、アメリカあるいは英語圏でよく言われるのは、人間はボディ・マインド・スピリット、体・心・命からなると。これが一体となった人間まるごとを、そっくりそのまま捉えていこうじゃないかというのが、ホリスティック医学の考えですよね。

これが、日本で 1987 年にできたわけですけど、その前はどうだったかというと、私がこの病院を始めたのはホリスティックという考えではなくて、中国医学と西洋医学をあわせていました。でも、考え方としてはホリスティックっていうとこが出てきたのと比較的近いんです。

だけど、私はやっぱり西洋医学の限界を感じて、西洋医学は部分をしっかり診るけど、部分と部分の繋がりを見落としてるということで、繋がりを診る医学を入れないと、ガンの治療成績は上がってこないと思って、それで中国医学に目をつけたわけです。

中国医学っていうのは、元々陰陽学説とか五行学説ですから、これはすなわち繋がりです。だから、中国医学を入れようと。それでこの病院を発足させたのは、 25 年前です。だから、西洋医学と中国医学の四本柱、漢方薬に、鍼灸に、気功と食養生ですね。これを供えて出発したんです。

そうこうしてるうちに、ホリスティック医学協会の前身であるホリスティック医学研究会っていうのを、東京医大の学生さんたちが作って、これが今でもその学生さんたちが日本ホリスティック医学協会の中心的役割を果たしてるわけですけどね。もうみんな医者です。その頃は医学部の学生です。その人たちが研究会作って、私みたいにその中国医学をガンの治療に入れたりしてる人っていうのは、その頃は珍しかったから。私のところへ来て、研究会で話をしてくれないかと。それが彼らとの付き合いの始まりなんです。

そして、何回か付き合ってるうちにね、研究会で大学の中でやってたってしょうがないからと、日本ホリスティック医学協会として、学生だけじゃなくてもっと一般の人をいっぱい入れたものを作ろうと。それが、 87 年に発足したわけです。

そのとき私自身は、西洋医学と中国医学で、部分を診る医学と繋がりを診る医学をあわせれば、これで人間丸ごとじゃないかと。なんだ、私がやってることがホリスティックなんだと、初め思ったんです。だけどね、すぐにそうではないなと思いついたのは、ボディ・マインド・スピリットの、心のところが西洋医学でも、中国医学でも非常に乏しいわけです。だから、心の治療とか心の支えをやらないと、これはだめだろうと。

それで、ホリスティック医学協会には心理療法士さんが、 大体女性ですが、 たくさん入ってたんです。だから、心療内科のホリスティック医学研究会を立ち上げた代表である 降矢 先生に頼んで、心のチームを作ってもらったんです。彼がね、「私が行きますよ」と、うちの病院の常勤になってくれたんです。それで、 2 人の女性心理療法士さんを連れてきて、ここで患者さんの心の支えを行っていくチームを作ったんです。

それができて、心が入ったので、これで本当に人間丸ごとだなと思ったんですけど、少し経つとそれでもおかしいなと。やっぱり人間丸ごとをそっくりそのまま捉えるというのは、そういう方法論なり、システムがないとおかしいんですよね。

ただ治療法いっぱい集めてやったって、下手な鉄砲数打ちゃあたるってなるんですよね。だから、これはとにかくそういう方法論、システムを追い求めていかなきゃいけない。それで今に至ってるんです。

がんは心と関わる病気
ガンのような病気が治りにくいのは、ガンという病気は体だけの病気じゃなくて、心とか命にも深く関わった病気だということを、現場にいると骨身に沁みてわかってきますよ。心の持ちようでいかに推移が違ってくるかって、ガンになる・ならないのところから、治る・治らないに至るまでね。

結局ね、西洋医学だけでガンに対して手をやいてるのは、西洋医学はどうしても体だけを診ようとするから、心や命というのは、ゼロじゃないけど、見方が非常に乏しいですよ。だからここで、丸ごと掴むホリスティックに、病気そのものが丸ごとなんだから、医学のほうも治療のほうも丸ごともっていかなきゃ。ホリスティックがどうしても必要なんです。

私の場合はかなり前からですけど、患者さん一人一人と戦略会議というのをやるんです。戦略会議は朝やるんですけど、それは一人一人個性的に、この病気をどうやって乗り切ってくかということを相談するわけです。そのときに、戦略会議ですから、患者さんの意向を重視するわけです。患者さんが戦争でいえば戦う本人ですから。だから、私たちがそれをサポートするわけで、主人公は患者さんですから、患者さんの気持ちを最優先して、私がこれやったほうがいいのになと思っても、やりたくないことはあえてやらないわけです。

その個性的にやってくという場合に、どういう風にやるかっていうとね、まず体に働きかける西洋医学と、心に働きかける各種心理療法、命に働きかけるのは様々な代替療法があります。健康食品、タヒボ茶、みんなそこからやってくわけですね。

こういうものをね、一つ一つよく吟味して、一人の患者さんに重ね合わせて戦略とするわけですね。代替療法なんていうのは世の中に数え切れないぐらいあるから、初めからマニュアル化はできません。だから、個性的なんですよね。

具体的にどういう風にやるかというとね、一定の順序があって、まず心の問題から入るわけですよね。このガンという難局にいてね、こういう病という状況の中にいて、どういう気持ちの中で生きてくかということ。それをちょっと話し合いますね。うちの患者さんはみんな勉強してますからね、私の本なんか大抵隅から隅まで読んでるし、改めて言わなくても、いいんですよ。

悲しくて寂しくても良い。希望の種をまけば
心の持ちようでやっぱり大事なのは、私が最初心理療法のチームを作るときは、患者さんをじっと見てて、明るく前向きな人のほうが経過がいいと思って、ならば明るく前向きな心を患者さんに持ってもらおうと思って心理療法のチームを作ったんです。

けどね、心理療法のチームが動き出してみると、どうも違うなって気になってきたんです。明るく前向きっていうのは、すごくもろくてね、一言で崩れ落ちますよ。にこにこして私の部屋に入って来たのに、あなた肝臓の影が大きくなってるなんて言うとね、急に青くなっちゃうんですよ。

だから、明るく前向きっていうのは人間の本来の姿ではないなってすぐに気がついたんで、これは撤回したんです。

詳しくは、がん克服サポート研究会の運営する、会員様専用の希輝(きらら)通信でご紹介しています。他にも情報交換コミュニティサイトでは、同じ病気の方達が健康を勝ち取るための情報交換を無料でする事が出来ます >> 詳しくはこちら

聞き手:がん克服サポート研究会サポート 坂井

その他の収録内容

・ 生きることは悲しいというのは、これはどうも納得できない

・ 基本的には粗食だが、肉、お酒でときめきも大事

・ 今一番力を入れているのは、ホメオパシー

・ 向上をしていく要素を見つけて育てていく

・ 場のエネルギーを高める

・ ホリスティック医学の究極は、生と死の統合

医療法人 直心会 帯津三敬病院


〒350-0025
  埼玉県川越市並木西町 1-4

TEL 049-235-1981

帯津先生お忙しいところ、取材にご協力いただき誠にありがとうございました。
帯津良一 先生(写真左:帯津三敬病院名誉院長)
 坂井正典(写真右:がん克服サポート研究会代表)
帯津先生著作、監修の書籍をご紹介 
がん克服.comからご購入が可能です

全がん治療ガイド―最新の診断と治療

最先端の現代医学から免疫療法、代替療法まで。
「がんと闘う」ための総合ガイド。
全がん治療ガイド―最新の診断と治療

【監修】帯津 良一
【編集】『がんを治す完全ガイド』編集部

販売価格 3,500円(税込)(本体価格3,333円)送料200円

品切れ絶版



がん克服.comからのご購入はできません。(Amazon.co.jpでのご購入となります)

無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

トップページ 取材CD・きらら通信をプレゼントする理由 会社概要 ご利用案内 お問い合わせ 最新情報  プライバシーポリシー 
Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved